企業案内

あゆみ(沿革)

明治11年 7月初代笠原房吉翁が平野村(現在の岡谷市)にて製糸業を創業。
明治21年笠原工業(株)が発祥。
昭和19年 5月当社の前身である清水発條(株)が笠原工業(株)岡谷工場(現在の当社 岡谷工場)にて操業開始。
昭和21年 1月商号を山二発條株式会社とし、本社を東京に移転。資本金320万円。清水発條株式会社を閉鎖。
昭和22年 6月重板バネ・太物バネの生産を開始。
昭和22年 7月シートバネの生産を開始。
昭和29年 4月重板バネの量産体制を確立。
昭和33年 6月線バネの量産体制を確立。
昭和34年 6月名古屋営業所を開設。
昭和44年 7月上田工場及び上田営業所を開設。ホースバンドの生産を開始。
昭和45年 5月精密バネの自動生産を開始。
昭和45年 8月熊谷営業所を開設。
昭和46年 4月沼津営業所を開設。
昭和48年 2月薄板バネの生産を開始。
昭和49年 3月資本金を1億円に増資(現在にいたる)。
昭和61年 8月上田工場を現在地へ拡張移転。
平成 3年10月岡谷工場の新事務所棟が完成。
平成 7年 9月重板バネ工場を閉鎖。
平成 8年 6月岡谷 北工場が完成。
平成 8年 9月新熱処理工場が完成。
平成 9年12月東京営業所と熊谷営業所を統合し、埼玉営業所を開設。
平成11年 1月インドネシアの関連会社 P.T.YAMANI SPRING INDONESIAが操業を開始。
平成14年 4月上田営業所と埼玉営業所を統合し、埼玉営業所を移転。
香港の関連会社 山二發條(香港)有限公司を開設。
平成16年 9月山二發條株式会社香港支店を開設。
平成20年 7月岡谷 西工場が完成。
平成20年12月岡谷 南工場が完成。
平成26年 5月名古屋営業所を移転。
平成27年 6月大阪営業所を開設。